ホームページ制作のご依頼・ご相談はCOLERSへ

WordPressの新エディター Gutenberg(グーテンベルグ) がカスタム投稿タイプで有効にならない場合

  • WP
  • TIPS

WordPress 5.0から公式の新エディタとして採用されているGutenberg(グーテンベルグ)が
カスタム投稿タイプで有効化されない場合に考えられる解決方法をご紹介します。

目次

解決方法その1 – Custom Post Type UIを利用

カスタム投稿タイプを定番のプラグインであるCustom Post Type UI
作成されている方は多いと思います。

この場合は、プラグインの設定内でREST APIで表示(Show in REST API)を
有効化することで解決する可能性があります。

手順

  1. WordPress管理画面
  2. CPT UI
  3. 投稿タイプを編集
  4. 編集したい投稿タイプを選択
  5. REST APIで表示(Show in REST API)

解決方法その2 – カスタム投稿タイプを自作している

プラグインを利用せずにカスタム投稿タイプを自作している場合は、
show_in_restが有効化されていない可能性が考えられます。

カスタム投稿タイプでshow_in_restを有効化する

add_action( 'init', 'test_post_type' );
function test_post_type() {
  register_post_type(
    'test',
    array(
      'label' => 'テスト',
      'public' => true,
      'has_archive' => true,
      'show_in_rest' => true,// show_in_restを有効化しておく
    )
  );
}

REST APIで表示するかどうかがGutenbergに影響する理由

現行仕様のWordPressではWP REST APIが統合されており、
WordPressサイト以外の環境やJavaScriptなどからも、
かんたんに記事やサイトのデータを取得することができるようになっています。

このREST APIをGutenberg(グーテンベルグ)は利用する仕様になっているため、
有効無効の設定がそのまま影響しているのです。

最後に

旧エディタに慣れている方はなかなか移行がスムーズにいかないかもしれませんが、
バージョンアップするにつれてGutenberg(グーテンベルグ)の安定性も上がってきたと感じます。

有効化できずお困りの方の参考になれば幸いです。

  1. SNIPPET
  2. WordPress
  3. WordPressの新エディター Gutenberg(グーテンベルグ) がカスタム投稿タイプで有効にならない場合